演題発表一覧

12月7日(土)9:40〜11:50

※状況により変更となる場合がございます。
●ナショナルチームを対象とした継続的な心理サポートの取組みとその効果
 中山正教(西九州大学 健康福祉学部)

●伴走者の位置が視覚障がい者ランナ-に与える影響
 パラリンピック出場選手と一般ランナーの比較
 湯川静信(大阪国際大学)

●障害者のスポーツ現場におけるトレーナーの必要性について
 田中 利明(大阪ハイテクノロジー専門学校)

●EMSによるパーソナル・サポートが障がいのある大学生競技選手の入院時からの回復過程におよぼす影響
岩岡研典(大阪体育大学 健康福祉学部)
       
●知的障害を伴う自閉症生徒に対する姿勢模倣力向上に向けた取組み ―個々のトレーニング期間の事例的検討―
 加藤琢也(北海道教育大学 附属特別支援学校)

●自閉症スペクトラム障害児の投動作の特徴について
 澤江幸則(筑波大学体育系)

●ボッチャ選手の競技力と投球距離の関係
 奥田邦晴(大阪府立大学大学院 総合リハビリテーション学研究科)

●脳血管障害片麻痺者の水中歩行への影響—左右足首への錘の装着による違い—
 松浦 綾乃(国立障害者リハビリテーションセンター学院)
       
●発達障害児のための効果的な運動指導法についての実践的研究(2)
 村上祐介(筑波大学大学院)

●知的障がい者サッカー振興事業(Friendly Action)が参加者の身体機能に及ぼす効果に関する研究
 島雅人(大阪保健医療大学 保健医療学部)
 
●重度肢体不自由者のスポーツ継続に関する事例的研究~ボッチャ愛好家へのグループインタビューから~
 曽根裕二(大阪体育大学)

●特別支援学校へのトランポリン導入過程に関する史的研究
 土井畑幸一郎(筑波大学大学院)
       
●介護予防事業におけるスポーツレクの有用性
 田村邦彦(医療法人社団 土合会 渡辺病院)

●屋外型高齢者遊具を利用した運動教室の開催と遊具利活用に関する課題
 伊藤 秀一(リハビリテーション体育Reproud)

●リハビリ特化型短時間デイサービス利用者の身体機能と体成分の変化
 武藤理(フロイデ総合在宅サポートセンターひたちなか)

●高齢者における森林浴が生体に及ぼす生理学的影響
 近藤照彦(東京医療学院大学保健医療学部リハビリテーション学科)

12月8日(日)9:30〜12:10

●障がい者スポーツの体験は子どもたちの障がい理解を促進するか
 国永英代(珠洲市立 上戸小学校)

●教養教育の一環としてのアダプテッド・スポーツ教育 第1報
 岡川暁(日本福祉大学健康科学部)

●アダプテッドスポーツを取り入れた授業の効果と可能性 ~高等学校の授業実践から~
 小林伸行(神奈川県立横須賀明光高等学校)

●大学・短期大学における障害学生に対する体育実技の現状報告
 栗原浩一(筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター)

●資格取得を目的とした体育・スポーツ専攻大学生の現場実習に対する受入施設の意 識
 田中信行(日本体育大学)
       
●スポーツ団体に所属している慢性脊髄損傷者の褥瘡と自己効力感の特徴
 松井伸子(東京医療学院)

●一般小型活動量計を使用した重症心身障害者の身体活動量測定の試み
 近藤尚也(札幌あゆみの園)

●運動介入による高齢者の起居動作の変容
 野口理紗(神奈川工科大学 創造工学部)

●膝関節へのテーピング施術経験の違いはどこに影響するか?もしくは影響しないか?
 渡邉紳一(神奈川工科大学 創造工学部)

●垂直跳びにおける下肢筋力の貢献度 -男女の特性比較-
 大場友裕(社会福祉法人 京都博愛会病院)
       
●日本障害者スポーツ協会公認障害者スポーツ指導員の実態に関する研究‐2002年調査と2012年調査の比較から‐
 藤田紀昭(同志社大学)

●アダプテッド体育・スポーツの視点をもった指導者を育てるために
 齊藤まゆみ(筑波大学体育系)

●知的障害者のスポーツ活動における指導記録の実践効果と記述傾向に関する検討
 大山祐太(北海道教育大学)
 
●公共スポーツ施設と障害者のサービス評価 ―利用システムの違いに伴う利用満足への影響要因―
 金山千広(神戸女学院大学)

●スポーツにおける当事者研究の研究方法についての考察-聴覚障害者の場合-
 渡辺儀一(東洋大学大学院)
       
●第7回アジア太平洋ろう者競技大会帯同報告
 平田昂大(医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院 アスレティックトレーニング部)

●アンプティサッカーワールドカップロシア大会帯同報告
 坂光徹彦(広島大学病院 診療支援部 リハビリテーション部門)

●ドイツにおける障害者スポーツ指導者養成システムの特徴
 奥田睦子(金沢大学)

●アダプテッド体育・スポーツ国際ワークショップの成果と課題
 安井友康(北海道教育大学札幌校)

●障がい者スポーツに関する新聞報道の変遷-パラリンピックの新聞報道に着目して-
 山下勝也(同志社大学スポーツ健康科学研究科)

 

※状況により変更となる場合がございます。